京都通運 会社沿革

昭和24年11月 京都府下の貨物自動車運送事業者等の従事者29名が集結し、資本金2,000万円(受権資本3,000万円)を以って、京都市下京区の現本社所在地において『京都運送株式会社』として設立。
昭和29年 5月 京都府下における一般区域貨物自動車運送事業の免許を受け、営業を開始する。
昭和29年 6月 会社商号を『京都通運株式会社』に変更する。
昭和34年 4月 全国の新免通運業者約300社が集結し、新免業者間の交計計算業務・引換証保証整理事務・元請一括契約の締結等あらゆる統括的業務を行うことを目的として資本金8億円の『全国通運株式会社』を設立し、これの京滋支店として今日に至る。
昭和38年 2月 自動車運送取扱事業の登録申請をし、自動車運送取扱業・自動車運送代弁業・自動車運送利用業の許可を受け、京都市南区吉祥院に吉祥院支店を開設し営業を開始する。
昭和39年 5月 自動車分解整備事業の認証を受け、吉祥院支店構内に自動車整備工場を新築して自動車整備の営業を開始する。
昭和40年 2月 損害保険代理店業務を開始する。
昭和41年 5月 倉庫業の営業許可を受け、吉祥院支店内の新築倉庫において営業を開始する。
昭和43年10月 食糧庁と全国通運株式会社との元請契約による政府食糧の輸送を開始する。
昭和44年 4月 日本専売公社(現・日本たばこ産業株式会社)と全国通運株式会社との元請契約による資材の輸送を開始する。
昭和46年11月 京都府久世郡久御山町に久御山倉庫を新築し、認可を受け、営業を開始する。
昭和48年10月 札幌における一般区域貨物自動車運送事業の免許を受け、札幌市白石区に札幌支店を開設し営業を開始する。
昭和49年 4月 指定自動車整備事業の指定を受け、民間車検工場としての営業を開始する。
昭和49年11月 札幌支店を札幌市西区に新築・移転し、支店内の札幌倉庫の営業認可を受けて営業を開始する。
昭和50年 4月 吉祥院支店構内に危険品倉庫を新築し、認可を受け営業を開始する。
昭和50年 4月 滋賀県下における自動車運送取扱事業の登録認可を受け滋賀県甲賀郡甲西町に滋賀営業所を開設し営業を開始する。
昭和51年 7月 京都市南区東土川に東土川危険品倉庫を新築し、認可を受け営業を開始する。
昭和51年 7月 資本金を3,000万円に増額する。
昭和52年 1月 北海道内における自動車運送取扱事業の免許を受ける。
昭和52年12月 滋賀県下における一般区域貨物自動車運送事業の免許を受ける。
昭和53年12月 大阪府下における一般区域貨物自動車運送事業の免許を受ける。
昭和53年12月 滋賀営業所を滋賀県栗東市に移転し、営業を開始する。
昭和56年10月 吉祥院支店を伏見区横大路橋本へ新築・移転し、伏見支店と改め営業を開始する。同時に、自動車整備工場も伏見支店構内に新築・移転し、営業を開始する。
昭和57年11月 国鉄大阪貨物ターミナル駅にコンテナ貨物による集配業の免許を受け、営業を開始する。
昭和61年 8月 仙台市日の出町に仙台出張所を開設し、流通加工業務の営業を開始する。
昭和61年10月 奈良県下における一般区域貨物自動車運送事業の免許を受ける。
平成 2年 3月 日本貨物鉄道㈱梅小路駅移転に伴い梅小路支店を京都市下京区梅小路頭町 日本貨物鉄道㈱梅小路駅構内に移転する。
平成 2年12月 物流新法が施行される。
平成 4年 5月 仙台出張所を仙台市若林区卸町5丁目5番1号仙台団地倉庫に移転し営業を開始する。
平成 8年 7月 兵庫県下における一般区域貨物自動車運送事業の免許を受ける。
平成 8年 7月 伏見支店ターミナルを増築する。(事務所を2階に移し荷捌所を拡張)
平成 8年12月 仙台出張所を閉鎖する。
平成 9年 8月 伏見支店構内に、伏見第3号普通倉庫(1階は低温倉庫で、食糧庁の指定を受ける)を新築し、認可を受け営業を開始する。
平成 9年 9月 札幌支店を石狩市新港西2丁目787-12に新築・移転し北海道支店と改め営業を開始する。同時に危険品倉庫も新築し認可を受け営業を開始する。
平成10年 4月 イサム塗料株式会社 滋賀工場内においてイサム塗料営業所を設立し、営業を開始する。
平成10年 9月 京都市における産業廃棄物収集運搬業の許可を受け営業を開始する。
平成11年 2月 滋賀県下における産業廃棄物収集運搬業の許可を受け営業を開始する。
平成13年 2月 京都府下における産業廃棄物収集運搬業の許可を受け営業を開始する。
平成15年 4月 北海道支店を母体として、資本金1,000万円を以って株式会社北海道京通を設立する。
平成15年 8月 京都市及び大阪府下における特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可を受け営業を開始する。
平成15年10月 大阪府下における産業廃棄物収集運搬業の許可を受け営業を開始する。
平成19年12月 久御山倉庫の閉鎖により同倉庫での営業を終了する。
平成20年 8月 資本金を5,000万円に増額する。
平成20年 12月 梅小路支店において『グリーン経営認証』の認証・登録を受ける。
平成22年 2月 滋賀支店において『グリーン経営認証』の認証・登録を受ける。
平成25年12月 伏見支店において『Gマーク認定事業所(安全性優良事業所)』の登録を受ける。
平成27年 4月 アキレス株式会社 滋賀第一工場内においてアキレス営業所を設立し、営業を開始する。